Posted by on 5月 21, 2013 in Animation, Effect, Composite | 0 comments

Tag: , , , , , , , , , ,

ご注意:こちらの記事は 2013年5月 に投稿しました古い記事です。


概要

ハイスピードカメラで撮影したようなスローモーションを作成できるプラグイン。
適用する映像の前後のフレームから、フレーム補間、モーフィングを行い、
超スローモーション、もしくはファーストモーションを生成します。

 

インストール手順(フローティングライセンス)
  1. プラグインとは別にクライアント・サーバーをインストールする必要あり。
  2. まずはクライアント、”RVLClient(バージョン)Install.exe”を起動。
  3. 指示通りに次へ進み、コンポーネントでWindowsを選択。
  4. “type in server IP adress”でライセンスが入ってるマシンを入力。
  5. エンターでクライアントインストール完了!
  6. 次にプラグイン本体、”Twixtor(バージョン)AEInstall.exe”を起動。
  7. 指示通りに次へ進み、registrationで、
    “install Demo or Floating license Version”を選択。
  8. インストールコンプリートとなったら完了です!

 

使い方
  1. スピードを変えたい素材をコンポに入れて、変更したい分だけ尺を調整。
  2. 新規平面を追加して、Twixtor エフェクトを適用。
  3. “Color Source”でスピードを変えたいレイヤーを選択。
  4. “Input:FrameRate”で選択した元素材のフレームレート入力。
  5. “FrameInterp”と”Warping”の種類を選択。
    ※ ”FrameInterp”と”Warping”は、結果を見ながら最適な物を選びます。
  6. “OutputControl”で素材のスピードを調整します。
    ※ ”TimeRemapMod”を”FrameNumber”に変えると、
      標準のタイムリマップと同じように編集できます。
  7.  

    参考

    flashbackj.com – creators_view 高野光太郎 氏によるTwixtor 解説

    http://www.flashbackj.com/creators_view/twixtor

      

    関連記事


    Tag: , , , , , , , , , ,